Calendar

« 04 | 2017/05 | 06 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

▲top

♣ Information
 2006.5.7 テンプレートを変更しました。
スポンサーサイト
--'--(スポンサー広告*)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 » comment-  » trackback-  » top

Belden 8412 購入記
04'23(楽器・機材*)
Belden_Title.jpg

ベルデン8412を購入しました。
新宿をふらふら歩いて、適当に入ったクロサワのベース専門店にありました。意外と置いてる店って少ないですね。

購入したのはHIBINOから販売されているパッケージ物。やっぱり自作よりは高くなるけど、素人の拙い作業でできるものよりは信頼できるだろう、ということでパッケージ版を購入しました。

Belden_8412b_02_b.jpg


プラグ部分は評判のいいスイッチクラフト製のもので、安物シールドにありがちな、いつの間にかねじが外れて分解されるということもなさそうです。

スタジオで早速使ってみましたが、評判どおりどの音域もちゃんと出ました。そして音が太くなって、はっきりした感じに。
歪ませると、結構荒く歪みます。これも評判どおりですね。変にくせのある歪じゃなくて、上手く歪んでくれてかなりいい感じです。
正直、シールドなんかで音がこれほど変わると思いませんでした。
ただ、ケーブル自体が結構太いので扱いが面倒かも。断線するってことは無さそうだからいいんでしょうけど。

こうなると他のシリーズ(9395など)も気になるなぁ。とはいえかなり満足してます。ヘヴィな音が欲しい人にはもってこいです。
スポンサーサイト

 » comment:0   » trackback:0  » top

Line6 TonePort UX2
04'20(楽器・機材*)



ついにあのLine6から出たUSBオーディオインターフェースTonePort。
Line6といえばPODやモデリングギター、アンプなんかで有名なメーカーで、宅録をする人間なら間違いなく知っている定番のメーカー。やはり期待するのは、本体よりも付属のモデリングソフトだったりします。

これが期待通りというか、完全に期待以上!
なにせギターのアンシミュが16種入ってるだけでなく、ベースのアンシミュも5種入っている。さらには、マイクプリアンプのシミュレータまで入っている。マイクプリのシミュレータって今まであったのかな?いずれにせよ、ハードで買ったら10万は軽く超えるニーブなんかをシミュレートしてるみたいです。
あとエフェクターも一通り入ってるみたいです。これとDTMソフトがあれば、ドラム以外のトラックはほぼ問題ないのではないでしょうか。
しかも値段が安い。高いほうのUX2で2万ちょい。UX1なんて1万ちょい。ついてるソフトは同じだから、デジタルアウトが必要だとかじゃない限り、UX1で十分な予感。

今使ってるインターフェースはヤマハのUW500という機種ですが、TonePortに買い換えたら劇的な変化が起こりそうです。なんせUW500はほんとにインターフェースだけですからw

音質に関していえばローランドのインターフェースが良いらしいですが、TonePortが音質で劣っていても、これだけの付加価値があるからお買い得感はかなり高いです。それにロック野郎が音質にこだわり過ぎてもね。
てことで、そろそろ買ってしまいそうな気配です。

 » comment:0   » trackback:0  » top

The JB
04'19(楽器・機材*)
JB.jpg


メインで使ってるAR-06のリアピックアップをセイモアダンカン「The JB」にしました。
想像通りのパワーと中音域の暴れっぷり。これでNIRVANA弾くとかなりそれっぽくなります。パンクとかにも向いてるだろうな。弾いてて気持ちいい。
中音域に暴れるニュアンスがあるとはいえ、基本的にまとまった音がします。なので扱いやすい。結構上品だなぁと思ったり。歪み方もいいし気に入ってます。

 » comment:2   » trackback:0  » top

SCHECTER AR-06
01'29(楽器・機材*)



「SCHECTER AR-06」

現在メインに使っているギターです。
しかしググってもほとんどカタログ情報しか出ないっすね~。
まぁ、シェクターというメーカー自体、どうしてもフェンダーやギブソンに比べると知名度も落ちるし、正直僕もこのギターを店で見て気に入らなかったらシェクターを知らないままだったと思います。
元々はフェンダーのジャガーが欲しかったんですが見た目が良かったし、始めからチューン・O・マチックがついてたのと、リアがハムだったのでこいつにしました。


ボディーはアルダー。ネックはメイプルネックにローズウッド指板のロングスケール。1トーン・1ボリューム。ピックアップはシェクターのオリジナルのようです。
ブリッジはチューン・O・マチック。これはすごく使いやすい。フロイドローズ、テレキャスの3セクションブリッジを使ったことがありますが、一番セッティングしやすいです。


ピックアップはネック側がシングルで、ブリッジ側がハム。
音のほうですが、全体的にウォームな太い音が出ます。ピックアップの特性でしょうかね。セレクターでフロント・ミックス・リアと選べます。
リアはかなり低音が効いてますがソリッドな音がします。
フロントはかなり太い音がします。抜けはいいです。
個人的に好きなのはミックスポジション。リアだけだと低音が強すぎですが、ミックスすると高音の抜けが良くなります。要は中音が少し引いた感じのドンシャリですね。音質は硬くなります。ギター側のボリュームを絞るとジャキジャキしたクリーントーンを出すこともできます。


うーん、あとはなんだろ。結構重たいかな。でも弾きやすい。
3サンバーストも気に入ってます。やっぱジャガーシェイプにはサンバーストかなと。
フェンダーのジャガーみたいにブリッジが弦落ちしやすかったりだとか、面倒な仕様がないのでジャガー欲しい人はこれも候補に入れてもいいんじゃないでしょうか。




http://www.schecter.co.jp/amrican/ar6.html

 » comment:0   » trackback:0  » top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。